お肌に良い「緑黄色野菜」

小児のお弁当も人気の「キャラ弁」ですが
つくる苦労はともかく、一見の楽しさが人気です。
衛生面での不安があるご時世は
自宅での食事内容にくふうをください。

例えば、ピーマンは「緑」が常得意ですが
「赤」や「イエロー」のパプリカをいっしょにすることで
実に華やいですノリになります。

とりわけ、小児はニオイが苦しい食べ物が下手ですが
ちょいしたくふうで、食べず嫌いから修了できます。

ピーマンのカラーに代表されるように
カラフルなカラーをした「緑黄色野菜」を用いることは
美肌をつくるためにも理想的です。

しかも、生で召し上がるよりも温野菜として食べると
よりの高を食べることができます。

緑黄色野菜には、ビタミン部類が多く含まれていますが
お肌の退化を防ぐために役に立つビタミンCは気力に軽く
水に溶け易いなど、ネックがあります。

但し、ビタミンCが多い野菜のひとつ・ブロッコリーは
お手軽にゆでて食べられるだけでなく
生レタスの10ダブルのビタミンCの補給が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です