痩せこけるのは難しいといわれているが肥えるのも厳しい

一般的にやせるのは難しいと言われていますが、肥えるのも難しいです。
たとえば、柔道や相撲力士を考えて下さい。肥えるために理不尽に食べさせられて、敢えて太らされます。
中には、妬ましいかとは思いますが、太りにくい方もいます。
太りやすい人という太りにくい人の違いは身構えって召し上がる音量だ。
太りやすい人は重心が前部気味の前屈みの人だ。どうして前屈みは太りやすいのかというと前屈みの身構えは立つために扱う大きな筋肉を概ね使っていないからです。その大きな筋肉は前屈みにつき背中、腰の筋肉(広背筋)、そのことによって、背中が丸く陥るそうすると、腹筋(お腹直接筋)を使わなくなる。腹筋(お腹直接筋)を使わないから拮抗する筋肉のお尻(大臀筋)の筋肉も伸びて使わなく上る。使わない場所には脂肪がたまっていく。脂肪を減らすのに1g=9kCAIなのでそうとうエクササイズしなくてはならない。しかもそのエクササイズは、有酸素運動でアベレージ20食い分以上は貫くといったいけない。逆に剃り背丈も酷い身構えですが、これは腰痛などの不都合が出てきて、肥えるなどにはいまいち関与しないだ。例に出した相撲力士や柔道お家には投げ飛ばされないために身構えを薄くしないといけないこともあって、マッチまん中は始終前屈みだ。
なので、「肥えるためにはたんまり食べて小さい身構え(特に前屈み)でいると一気に太取る。」考えられます。浸透力が違うビタミンCの化粧水で市販されているものが、これです。